大阪港の物流サービスなら

郵船港運株式会社

ソリューション事例
トップページ > 郵船港運について > ソリューション事例

お客様の今の課題に素早くアプローチを実現する縦横無尽のコミュニケーション

お客様とのコミュニケーション

お客様との関係において、何より私達が大切にしていることは、お客様の課題やお悩みに寄り添う姿勢。
最初からお悩みをお話いただけるお客様ばかりではありませんが、私達の一歩は「お客様のお悩みとは何か」そして「私達に何ができるか」を自問自答し、お客様に真摯にご説明すること。
一度お付き合いいただければ、濃密な関係を構築できるお客様も多数。今度は、きっとあなたのお役にたてるはずです。

本社・物流センターとのコミュニケーション

お客様の課題に対して、営業グループはチームとしてのコミュニケーションで取り組みます。
上司への報告・連絡・相談はもちろん、物流センターが持っている現場ノウハウ、または他のお客様に対する過去の成功事例または再構築事例をもとに、いま接しているお客様へのカスタマイズが可能かどうかを検証します。
特に物流センター経験者とのコミュニケーションは大切であり、営業グループが気づきにくい知恵で助けられることもしばしばです。

取扱貨物とのコミュニケーション

安全・確実・効率的にお客様の商品をお運びし、お客様からの信頼を得ること。私達に与えられた一番の使命です。
それを実現するために、物言わぬ貨物とのコミュニケーションを大切にしています。
「貨種によらず整列して荷詰めできているか」「破損を防ぐ適切な措置は取られているか」「過去の失敗を繰り返すリスクはないか」など、お客様から「早く、無事に届けてくれてありがとう」と言われるために、取扱貨物とのコミュニケーションを大切にしています。