大阪港の物流サービスなら

郵船港運株式会社

トップページ > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

社長挨拶

当社は、その起源を昭和42年に遡り、港湾運送近代化を目的とした港湾運送事業法の改定の際に、日本郵船(株)と川西倉庫(株)の出資により大阪の地に設立されて以来、 平成29年10月1日に創業50周年のふし目を迎えます。

創業時は大阪港における船内荷役、はしけ運送を主体とする港湾運送事業と大手製鉄会社の構内作業の現業部門からスタートしましたが、その後の海運、陸運、空運、港湾の事業環境の変革、また日本経済の高度成長から安定化、低成長化、また近年の国際、国内物流を取り巻く激しい環境変化に対応し、当社も事業内容を変革させて参りました。

現在ではそれら港湾運送事業をはじめ、日本と世界を結ぶ幅広い国際物流事業、北は北海道、南は沖縄までをカバーする国内物流事業、その他国際、国内貨物を取り扱う物流センター事業等多角化を進めて来ており、“いつでも顧客志向”をモットーとした付加価値の高い物流関連サービスを提供し続けております。

今後とも日本郵船グループの関係会社の一つとして、“誠意”“創意”“熱意”のグループバリューの下、お客様第一に長年培ってきました現場力と物流ノウハウを一層高め、あらゆるお客様のニーズにお応え出来る様社員一同取り組み、頑張って参る所存であります。

物流に関することであれば、何なりとお気軽にお問い合わせ下さいます様お願い申し上げ、ご挨拶とさせて戴きます。

代表取締役社長 眞田哲也